SNSの活用について

11contents nanner master

昨今、SNS:Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が人とのコミュケーション活動を 変えたとよく言われます。 私もLINEとFacebookとTwitter:Instagramとそれぞれのサービス用途に合わせて活用しています。

仕事でのやりとりでも、フェイスブックを中心にデータのやりとりや連絡が増え、 もはや無くてはならない「現代のコミュニケーションツール」と言えます。 特にLINEの普及率、浸透率は目を見張るものがあります、国内ユーザー6,800万人と言われています。 総人口の二人に一人の割合です。

 

sns_image

 

ちなみにフェイスブックは、2,700万人、何故こんなにも開きがあるのかと 言いますと、用途と特徴にあると言えます。LINEは「実際の友人とのやり取りがメイン」フェイスブックは、 基本的にはLINEと同じように「実際の友人との繋がりが主」ですが、基本実名登録で「申請」と「許可」が必要 である為、ツィッターやラインと異なり、秘匿性は低く、かなりオープン、その為「情報発信」に適しており、信頼度が高いと思います。 又、フェイスブックは、その内容に興味がある友人が「いいね」のボタンを押すことで、友人の友人にその内容が拡散 されます。これにより、一つの情報が伝搬されるメディア的機能が高いSNSと言えます。

 

55

 

SNSは、無料が基本。 その為、多くの企業や個人が、登録を行い、あらゆる内容のことを発信している。 現代社会におけるコミュニケーション活動(広告宣伝:集客:人と人:販促)において、非常に重要なモノとなっている。

最近、特に動画コンテンツの企業ブランドCM(ユーチューブ)が増えている。 特にフェイスブックでは、写真よりも、動画を使用した発信等が特に目につく。

 

ネットCMは、多額の予算が必要なTVコマーシャル等の 媒体に比べて放映料金(出稿料)が基本は無料であるのが一番の魅力。 私達も、今後その仕組みと価値、活用方法を積極的に取り入れた「発信:広報」を提供したいと考えております。

 

 

◎Shinji iwabuchi  personal blog      http://rockedge.exblog.jp

◎Shinji iwabuchi  personal FACE BOOK  https://www.facebook.com/shinbuchi

◉美咲インスタグラム https://www.instagram.com/misaki.branding

 

0-3.fb

◎MISAKI FACE BOOK  是非いいねをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)