撮影ロケハン

先日、ホームページ用の作品撮影の為、ロケハンに大分県豊後大野市の原尻の滝に行きました、原尻の滝は「東洋のナイアガラ」と呼ばれる日本の滝百選にも選定されている平野の真ん中に突如現れる幅120m、高さ20mの壮大な滝です。起源は熊本県にある阿蘇山が約9万年前の大噴火で発生した火砕流が九州全土を覆い包む程大量に発生しこの地にも何十mもの厚さで積もり、徐々に冷え固まり石となる時この滝が創られたと言われています。   その自然の脅威が造り出したスケール感とロケーションは圧巻。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

突然表れる絶景、水量の多い時は轟音が周辺に轟く、まさにナイアガラの滝を思わせる。 火砕流が造り出した造形はいいカタチをしている。

2-2hashi

今回、撮影許可を行政関連団体に事前申し入れ行い「おおいた豊後大野市ジオパーク推進協議会」の事務局の毛利さんにご足労ご協力頂いた、、撮影許可もお陰でスムーズにとることが出来た、感謝(通常ナカナカ撮らせて頂けないケースが多々) 豊後大野市は阿蘇火砕流堆積物を巧みに利用した文化遺産アーチ式石橋が数多く存在、今尚、取り壊せること無く、現役の生活道路として活用されている地域、それならばと、アーチ式石橋をロケハン、急遽、撮影場所に加えることに。

 

 

 

先人の知恵で造られた建造物は、美しく、更に頑丈である。おおよそ100年前の橋、味わい深い。

九州には未だ未だ知らない地域や文化遺産が残されているなと感じました。福岡を中心に先ずは、九州のあらゆる「自然や文化遺産」等、
今後更に目を向け作品撮影出来れば思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)